freeeについて 中途採用 2018-03-09

「チームの垣根を越えるのが成功の秘訣」~ デザイナーが自身の苦労を糧にfreeeの確定申告を刷新した話 ~

こんにちは。採用広報インターンのSeishuです。今回はUXデザイナーの山田 肯佑さんにお話を伺います。因みにfreeeではお互いをニックネームで呼び合っていて、山田さんはスタペロと呼ばれています。スタペロさん、よろしくお願いします。


プロフィール

山田 肯佑(スタペロ)/ UXデザイナー
UI開発を手がけるUXコンサルティング会社に参加し、UXの提案からUIの検証に重要なプロトタイプ開発を行う。その後大手事業会社を経てfreeeにはシード期にジョイン。様々なサービスのUXデザインを担当。会社設立freeeのUXデザインを担当し、グッドデザイン賞を受賞。

―なぜfreeeに転職したのですか?

理由は2つあります。

まず以前フリーランスとして活動していたことがあって、その際に経理がとても手間になっていたんですよね。契約書を作るのにコンビニまで印紙を買いに行ったり、請求書の書き方を間違えたり、長い行列を待ちながら確定申告をしたりと、とても生産的ではなかったです。結局フリーランスは経理が面倒なことも重なって1年しか続きませんでした(笑)。 転職の折にfreeeという会社を知って、「自分と同じ大変な思いをしている世の中の個人事業主を手助けしたい」という思いで転職しました。

2つ目の理由は、freeeなら「理想ドリブン*で仕事ができそう」と思えたことです。前職は「理想を形にしたい、でも実現できない」という歯がゆい思いをして辞めてしまいました。freeeでは、価値基準として採用ホームページに明文化されているように、理想から考えて仕事をするという意識が社員に根付いていて、ここなら自分に合いそうだなと思って入社を決めました。今でも計画の筋が通っていれば理想の実現を最大限応援してくれる会社だと実感しています。

*理想ドリブン=freeeの価値基準の一つ。「理想から考え、現在のリソースやスキルにとらわれず挑戦しつづける」こと。

―担当業務について教えてください。

私が入ったときUXデザイナーはaniki(※元GoogleのUXデザイナー)だけで、2人でfreeeのサービスのデザイン業務を分担していました。一時期はデザイナー1名に対してエンジニアが25名となり、膨大な作業にanikiはよく徹夜していました。僕は終電前に帰りましたが。

初期の請求書や給与計算freee(現在は人事労務freee)の年末調整などに関わった後に、会社設立freeeという法人設立のための書類出力サービスのUXデザインを担当しました。そして会社設立freeeは2015年のグッドデザイン賞BEST100を受賞しました。

―スタペロさんの、グッドデザイン賞に繋がった功績を教えてください。

会社設立freeeは多くの人に起業してもらいたい想いから、起業に伴うストレスを感じること無く誰もが簡単に会社を設立できる画面構成を考えました。

普通に作ると難解な言葉や単調な作業の繰り返しという印象がついてしまうため、Q&A形式で入力していくだけで、気付いたら会社設立に必要な全ての書類が完成しているようにしました。

またクラウド会計ソフトの利用者を増やすことがビジネスゴールでしたので、設立作業から会社の会計業務へスムーズに繋がるように考えました。それらの観点が評価されたのだと思います。

 ▲会社設立freeeの画面。会社設立をされる方のほとんどが初めてなので、「必要なものは何か」「次に何をすればいいのか」が分かりやすい設計になっている。

―今までで一番思い出に残っている出来事はなんですか?

2016年の確定申告のフルリニューアルですかね。freeeに入社して初めて一人で企画を検討したこのプロジェクトでは、企画開始からUIの完成まで半年以上かかりました。

フルリニューアルする上で、まず確定申告の全ての控除を把握する必要がありました。会計初心者の自分にこの作業はかなり時間がかかりましたし、本当に色んな人に助けてもらいました。

また、初心者でも出来る確定申告という新しいコンセプトを考えたのですが、果たして本当にユーザーに使ってもらえるかどうか、内心はずっとヒヤヒヤしていました。

これまでの確定申告サービスは玄人向けに作られたツールでした。税務に関する厳重さが求められる業務向けサービスでも、初心者が迷わずにできるものにしたかったので、「該当する項目を◯✕で選んでください」という、質問に答えていくだけで確定申告用書類が完成するものにしました。

確定申告サービスを提供している他社と比較して、これまでになく楽しくカジュアルな感じを付け加えたので、これがユーザーに受け入れられるか不安でしたね。

(スタペロさんがリニューアルを担当された後の確定申告の満足度は96%でした!詳しくはこちら

▲確定申告freeeの画面表示の一例。実際に質問に対して◯✕をつけるだけで書類が完成する

―スタペロさんが思うfreeeの組織文化の特徴ってなんですか?

組織で言うと、社員全員が同じ目標を共有しているのはすごいことだと思います。例えば上記の2016年の確定申告リニューアルはチャレンジでしたが、他のチームに支えがあって成功させることができました。

実は当時、リニューアルによる影響から既存ユーザーの問い合わせ増加が予想され、UIの変更を少なくする検討をしていました。ただ、サポートデスクチームから「本当にユーザーにとってマジ価値*であれば問い合わせが多少増えても大丈夫」と言ってもらえたんです。普通であれば、自分のチームの残業が増えるなら変更に対して反対するようなところをfreeeのサポートチームは受け入れてくれました。

サポートチームだけではなく、freeeでは他のチームとも同じ目標を見据えているから仕事がとてもやりやすいです。こうしたチーム間での連携が取れた組織文化は他の会社にはあまり無いと思います。今でも他のチームと会社に感謝しています。

*マジ価値=freeeの価値基準の一つ。ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする。

―組織文化の他に、freeeの特徴だと思うところはありますか?

freeeの特徴は「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」というミッションだと思います。また、目に見えるやりがいが感じやすいのも特徴ではないでしょうか。

先ほどの確定申告の最後にユーザーアンケートを実施しました。その中で任意項目であるにもかかわらず「freeeのメンバーへのメッセージ」が1000件を超えていたんですね。もちろん当時は機能不足により使いづらいなどのコメントも頂きましたが、ほとんどがメンバーへの激励と感謝だったんです。この人達を助けたくてfreeeに入ったので、頑張っていたことが少しは報われたかなとすごく嬉しかったです。このやりがいを感じられるのはfreeeならではだと思います。

こちらの確定申告ですが、さらに今年はセルフメディケーション対応、Macでの税務申告対応などをはじめとした様々な機能が現在の担当者のもと、より大きく改善しているのでぜひ安心して使ってみてほしいです。(詳しくはこちら。)

―仕事での夢はありますか?

今は法人向けの新規事業企画にメインで携わっていますが、いつかまた個人事業主の人たちの助けとなるものに関わりたいですね。個人的にも私の周りにフリーランスやパラキャリの方が多いというのもありますが、やっぱり親近感がある分、そういう人たちが好きなんだと思います。夢というほどではないですが、そういう人たちが幸せなることを目指していきたいです。

「すべての人が創造的な活動にフォーカスできる社会」「スモールビジネスが強く、かっこよく活躍する社会」を実現すること――このミッションに共感してくださる方、変化を楽しめる方、チャレンジし続けたい方、のご応募をお待ちしております!

採用ページはこちらから。https://jobs.freee.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ