新卒採用 2017-06-30

新卒採用担当森さんに聞く、総合商社からスタートアップへ来た理由

こんにちは、freeeインターンのいくをです。
今回は、freeeの新卒採用を担当している森しげさんに、総合商社からfreeeに転職した理由や、freeeの新卒採用担当としての思いを聞いてきました!

image_uploaded_from_ios_720 (2) 森成徳:京都大学卒業後、住友商事に新卒入社、3年間働いたのちfreeeにジョイン。freeeでは”インカムを買うところから”インサイドセールスの立ち上げ期にチームに参画、カスタマーサクセスチーム、税理士さん・会計士さん向けマーケティングチームの立ち上げに次々と関わる。freeeの圧倒的な成長に人材獲得の面から関わりたいという思いで、昨年から新卒採用を担当。

スタートアップマインドを求めて商社に就職した学生時代

ー学生時代の就職活動について教えてください。

森しげ:私は京都大学を卒業したのですが、実は在学当時からベンチャー企業やIT系の会社には興味を持っていたものの、結局選べなかったというのがあります。
その背景として、一点は地方にはあまり十分な情報が入って来ず、ベンチャー企業の選択肢が少なかったということがあります。もう一点は、当時言語化はできていませんでしたが、選考を受けていたベンチャー企業の価値観に共感できなかった点があります。オファーを頂いたベンチャー企業もありましたが「何か違う」と感じたんです。例えばfreeeは、社会に対して解決したい課題や、与えたい価値がまず最初にあって、それを実現するためにサービスやテクノロジーを作っていくという考え方が非常に強い会社ですが、多分そのベンチャー企業はそうではなかった。

ーどちらかというと、ビジネスとして拡大していこうというのが先にあるという。

森しげ:そう、ビジネスとして拡大する手段としてのテクノロジーがあって、その前提の中で新しいものを作ることに対して熱意がある人、ビジネスを仕上げることに対する熱量が高い人がたくさんいたんですけど、その環境に違和感を感じてしまった。
そういった中で商社を選んだのは、他の企業のサービスや製品を、それが存在しないところに物流や投資で持っていくという仕事にスタートアップマインドを感じたからです。インフラ系の企業や銀行の方々と話している時と比べて、そういうマインドセットの人が多いと感じて選びました。

ー商社ではどのようなお仕事をされていたんですか?

森しげ:化学品事業の中の農薬チームで、日系の農薬メーカーさんの製品を北中米に輸出する仕事を主に担当していました。ガテマラやキューバ、メキシコの奥地など、普段なかなか訪れることができない国や地域で、ビジネスに関わる経験ができたことには今でも非常に感謝しています。思い出深いのは、2週間ほどメキシコに出張して現地の農家さんを訪問したことです。車が泥にはまって、さとうきび畑で2時間立ち往生するなどハプニング続きでしたが、自身が扱う製品が実際にユーザーに使われ、価値を提供している現場に触れることができた経験は、その後の自身のキャリア観にもとても強い影響を与えています。

あるべき世界の姿を自ら定義して、テクノロジーで実現していく

ーfreeeにジョインしたのはどういった経緯だったんですか。

森しげ:freeeに転職した理由は、スタートアップに転職した理由と、その中でfreeeを選んだ理由に分かれると思います。スタートアップを選んだ理由は、社会人になり東京に住み始めることで、スタートアップに関わる情報がたくさん入ってきて、その世界で働くことが自分ごととして捉えられるようになったから、というのが一番大きいですね。そういった中で、改めて自分が理想とする仕事への臨み方・スタンスを言語化したときに、「社会に対して与えたいインパクトや解決したい課題がまずあって、それに新しいサービスやテクノロジーを充てて、実現していく」ということがしたいんだと気づきました。その思いは商社ではなく、スタートアップの方がより実現できると感じて、転職をしました。

ー商社ではなく、スタートアップの方がより実現できると感じたのはなぜですか。

森しげ:先程の通り、商社の基本的なビジネスモデルは「他の企業のサービスや製品を、それが存在しないところに物流や投資で持っていく」というものです。そうすると、もちろん扱う商材によって程度の差はありますが、買い手側の製品というポートフォリオと、売り手側のニーズというポートフォリオを、いかに埋めることで仲介機能を果たすか、というのが大切になってきます。勢い、テクノロジーや市場のニーズは所与のものとして考えがちになる自分がいました。自身の思いとしては「今までにない新しい価値を、テクノロジーで生み出し、広げたい」というのが強くなっていた中で、それがより実現できるのは、あるべき世界の形を定義し、それを自らテクノロジーを生み出して急激に実現していくスタートアップだと考えました。

ー社会の課題解決を目指すベンチャー企業の中で、なぜfreeeを選んだのかが気になります。

森しげ:まず、freeeに入る前に強く感じたのは、そのビジネスモデルが秀逸だという点です。将来的な高い成長を期待できるITやWebのサービスの見極め方として、それまではリアルにしか無かった情報が、Web上に集積できるかどうかが重要だと思うんです。Facebookであれば友達との関係や人間関係がサービス上に登録されているし、Googleの検索エンジンなら、検索キーワードの裏にユーザーが持っている、興味・関心の背景を収集できているわけです。そういった新たに集積された情報の幅の広さや質の深さがちゃんとあるサービスは非常に可能性があるなと思います。
それで言うとfreeeって、すごく可能性があるなと思ったんですよね。これまで中小企業さんの経済活動にかかわるデータって、それぞれのオフィスや店舗のバインダーの中の紙やパソコンといった、ローカルの中にしかなかった。それが、freeeであれば様々なデータがWebに集約されているわけです。これまで誰も知らなかったデータを、ユーザーにうまく還元することができれば、中小企業さんの可能性をさらに広げる新しいサービスができるんじゃないかなと。そこにピンと来たという感覚があって選びました。

ー一方で入社した後強く感じたことというのは?

森しげ:入った後により強くなった部分は、先程の「ビジネスをしている意味や価値」という面です。セールスをしていると実際に困っている方々が目の前にいることがわかって、そういった方々に自分なりの言葉で提案をすると、freeeの価値を分かっていただける方がたくさんいて、「このサービスを使えば、とても楽になりますね」と感動して頂ける。そして、その人たちの仕事の現場が変わっているわけです。その感覚、価値が発揮されている現場があるということへの肌感を強く感じて仕事に取り組めています。 実際に価値が直接提供されているセールスという場を離れても、その正しさを確固として持ってるから、他のチームでもモチベーション高くやれてるなと感じます。

「何かを成し遂げたい、事業に本気でぶつかりたい」人にとって、freeeは本当にエキサイティングな環境

ー採用担当者として思うところを聞きたいです。freeeは『wantedly award大賞』と『ビズリーチ企業優秀賞』を獲得しましたよね。採用活動における、freeeの他企業との違いや強みを教えてください。

森しげ:まずひとつは「アウトプット→思考」。新しいツールや新しいアイデアはとにかく試してみて、そこで得た学びを次に高速回転で活かしていくという風にしています。wantedly大賞やビズリーチ企業優秀賞をいただいたのも、新しいことに臆せずにどんどんやるカルチャーだからこそ、いろんな採用施策を実施できている結果かなと思いますね。

image_uploaded_from_ios_720
freeeの価値基準である「アウトプット→思考」を採用でも実践する(価値基準についてはこちら

あとは、採用チーム単体でなく、freeeという組織全体で採用活動に取り組めていると思います。例えば年明けに毎週開催していた新卒向けの説明会も、座談会に若手社員が毎週4人くらい参加してくれていました。こういった取り組みも全社の理解がないと絶対できないと思います。会社の様々なメンバーが採用に関わっているというのはすごく大事で、皆が優秀なメンバーとfreeeで一緒に働きたいと思ってるからこそ協力してくれていると思うんですね。採用は、会社全体としてやるべきものだし、やっていきたいねという思いが共有されているのは、freeeが採用活動に成功している要素のひとつだと思いますね。

ー最後に、今まさに就職活動をしている学生に向けて一言お願いします!

はい。私自身は、新卒としての就職活動やその後のキャリア形成というのは、仮説検証の繰り返しだと考えています。「自分自身はどのような人間なのか、人生において何を大切にしたいのか」「大切にしたいものを実現できるのはどのような仕事なのか」について仮説や自分なりの考えを持ち、様々な経験を通して、それが正しいのかどうかを繰り返し確認していくことで、本当に納得の行くキャリアを作れると思います。その意味で、就職活動の期間でその仮説検証のサイクルを早く回して、強い納得感でファーストキャリアを決断できた人は、社会人になった後の仕事への踏み込み方や、仕事をやり遂げるためのマインドセットがとても高くなるはずです。ぜひ、就職先を決めることをゴールにするのではなく、その後にどれだけ本気で仕事に取り組めるか、という観点でキャリア選びをしてもらえると良いと思います。
そして手前味噌ですが(笑)、「何かを成し遂げたい、事業に本気でぶつかりたい」という思いをお持ちの方にとって、freeeは本当にエキサイティングな環境だと思います。本質的でとても大きな価値を生み出そうと、皆が本気で取り組んでいます。もし、そういった環境でのキャリアにご興味があれば、ぜひ一度弊社の門を叩いてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用募集一覧

現在募集中の職種はこちらです。
中途での採用をお考えの方へ。

ページトップへ