2017eng-top
freee Business internship2017

freee Business Winter Internship 2017fintechスタートアップで、価値の創造に挑戦する2日間

新たな事業創出への挑戦

freeeは「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動なフォーカスできる」世界の実現を目指して、 2012年に創業されました。

創業から5年がたった今、freeeはかつてないスピードでスモールビジネスのあり方を変革しています。 サービスへの登録ユーザーは85万を突破、100億円に迫る資金を調達し、さらに積極的に事業を拡大しています。 金融の分野にも「fintech」スタートアップとして変化をもたらしつつあります。

freeeのウィンターインターンシップで私たちが参加者の皆さんに提供するのは、単純な「成長」「自己研鑽の機会」ではありません。 freeeがこの5年間で培ってきたビジネスの仕組みと成長の歴史を私たちからお伝えし、 そこからスモールビジネスと金融の世界に変化を与える新たな事業創出に挑戦していただきたいと考えています。

応募する

価値の創造に挑戦するインターン

  • 募集要項

    概要

    1. 1. CEO / 役員級のfreeeメンバーが、各ビジネスユニットの取り組みについてご紹介します。
    2. 2.freeeのリアルなサービス・ビジネス展開に関する理解にもとづいて、当社の未来を形づくる新規サービスの企画・立案を行っていただきます。

    3. 3.インターン期間中に企画した新規サービスを、freeeのCEO / COO / マネージャーたちに提案していただきます。提案内容の評価はその事業性のみならず、freeeの価値基準や既存のビジネスへの深い洞察に沿ったものであるかどうかが重視されます。

    4. 4.インターンとしての業務とは別に、freeeカルチャーの特徴の一つである「1on1」を通じて、当社の人材に対するメンタリングの姿勢や考え方に触れていただきます。

    期間

    2017/12/7(木曜日)〜 2017/12/8(金曜日) 2017/12/14(木曜日)〜 2017/12/15(金曜日) (2日程のうち、いずれかに応募いただけます)

    会場

    freee株式会社 東京オフィス (東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル)

    対象

    2019年度卒業見込みの高等専門学校生・大学生・大学院生(学部・専攻は不問)

    応募締切

    一次締切:2017年10月31日(火) 二次締切:2017年11月10日(金) (参加枠が埋まり次第募集終了いたしますので、参加を希望される方はお早めにお申込みください。)

    その他

    日当:1万円(交通費込) 関東圏外の方には、宿泊場所を弊社でアレンジします

メンター紹介

  • 佐々木大輔

    CEO佐々木 大輔

    東京、下町育ち。一橋大学商学部卒。データサイエンス専攻。 卒業後は博報堂に入社後、未公開株式投資ファームでの投資アナリストを経て、株式会社ALBERTの執行役員に就任。2008年に Google に参画。日本におけるマーケティング戦略立案、Google マップのパートナーシップ開発や、日本およびアジア・パシフィック地域における中小企業向けのマーケティングの統括を担当。この後、freee 株式会社を創業。

  • 東後 澄人

    COO東後 澄人

    子午線の街、兵庫県明石市育ち。東京大学工学部卒。同大学院では、宇宙航空研究開発機構において次世代ロケット推進薬の研究を行う。2005年にMcKinsey&Company に入社し、IT・製造業界を中心とした多数のプロジェクトを担当。 2010年から、Google にて中小企業向けマーケティング、及びGoogleマップのビジネス開発に従事。2013年7月、freee 株式会社にCOOとして参画。

  • 野澤 俊通

    CMSO・人事統括野澤 俊通

    東京足立区育ち。 大学を卒業後、リクルートを経てダブルクリック(現Google)でインターネット広告の世界に飛び込む。2003年Google Japan に17番目の社員として入社。中小企業向けの営業組織を立ち上げた後、新規顧客開発本部統括本部長として16四半期連続で事業目標達成に導く。2014 年 6月より freee に参画。

  • 武地 健太

    CPO・パートナー事業統括武地 健太

    京都大学卒業後、あずさ監査法人大阪事務所で会計監査や上場支援に携わる。 27歳で東京進出し、ボストン・コンサルティング・グループ入社。マネージャーとして、製造業・IT業を中心にコンサルティングに従事する傍ら、新人育成に情熱を傾ける。2016年にfreeeに参画。「経済活動のログ」として会計の可能性をトコトン追求していきたい。

  • 坂本 登史文

    プロダクトマネージャー坂本 登史文

    2010年京都大学理学研究科修了。 大手メーカー系IT企業でSAPコンサルタントとして会計システムの開発に従事。 その後、データサイエンティストとしてDeNAで活躍。2014年3月freeeにジョイン、データ分析チームなどの立ち上げ、会社設立freeeの新規企画などを経て、現在はプロダクト戦略を担当。

  • 尾形 将行

    法人事業統括尾形 将行

    総務省、内閣官房、外務省を経て、アクセンチュア戦略コンサルティンググループにマネージャとしてジョイン。通信、ハイテク業界向けに海外市場参入、新規事業企画、パートナー戦略企画、実行等のコンサルティングに従事。freeeに入社後は、事業開発本部の責任者を務める。スタンフォード大学ロースクール修士、香港科学技術大学MBA取得。